不眠症 体が寒い

【不眠症】眠れなかった次の日は体が寒い!腸が弱っている

眠らないと体が寒い

人間眠らないと次の日とにかく体が寒いです。

 

夏でも、眠らない次の日は体が寒かったりするので…。
やっぱり眠るべきです。

 

 

徹夜とか普通にできますけど、
次の日、眠いよりも体が寒くていつもの調子がでません。
なので眠れるのなら、短時間でも眠るべきです。

 

 

不眠症の人は、睡眠時間が短く
「1日ぐらい眠らなくても平気」
とか思っている人もいるかもしれませんけど。

 

睡眠時間が短いのと、一睡もしないのとでは、大きな違いがあるので…。
勘違いすると危険です。

 

 

まぁ大人なら、1日ぐらい眠らないでも大丈夫だと思いますけど。
体への負担があまりにも大きいので、1日眠らないことで病気のきっかけになる可能性はあると思ったほうがいいです。

 

よっぽどタバコを吸うより1日眠らないほうが健康に悪いと自分は思っています。
いや自分はタバコ吸ったことないですけど。

 

 

 

 

 

なぜ眠らないと体が寒い?腸が弱っている

なぜ眠らないと体が寒いのか?
自分の見解を書くと
【眠らないと腸に休息がないから】
だと思っています。

 

 

人間眠っているときが、腸のゴールデンタイムで、腸がよく働いているらしいです。
まぁ働いているというより、腸の機能が整う時間帯なわけです。

 

なので眠らないと、腸の休息時間がないので腸が弱ってしまうわけです。

 

 

腸が弱っていると代謝が下がるとされています。
逆にいうと、腸が健康だと代謝があがり、なにもしなくても体がぽかぽかします。

 

なので腸内環境を整えるのは大事なことなんです。
ヨーグルトダイエットなんてありますけど
「ヨーグルトはカロリーが高いのに、なぜダイエットに有効なの?」
なんて疑問がでます。

 

 

ヨーグルトには乳酸菌が配合されていて、これが腸内環境を整えてくれます。
腸内環境が整えば代謝があがるので、体があたたまって消費カロリーが増える可能性があるんですよね。

 

まぁそれ以外にも、ヨーグルトにはいろいろダイエットにいい点があるんですけど。

 

 

人間眠って腸に休息を与えないと、腸が弱って代謝があがらず体が寒いです。
なので、短時間でも眠れそうなら眠ったほうがいいですよ。

 

「もうすぐ起床時間だから、こうなったら一睡もせずに起きていてやろう」
とか思わず、1時間でも眠れるのなら眠ったほうがいいです。

 

人間短時間でも、眠れば大きく休まるといいますからね。

 

 

 

 

 

一睡もしなかった次の日はつらい

自分もおじいちゃんの葬式で、葬式会場で1泊することになりました。
みんな寝ていたんですけど、自分はどうせ眠れないしと1日中おきていたんですけど。

 

やっぱり次の日、体が寒くて調子が悪いし、お経を読んでいるときに眠くて眠くて、わけがわかりませんでした。
意地で
「起きてる!」
なんてせずに、布団で横になるぐらいはすべきでした。

 

 

体にも負担がかかったのか、血便がでましたね。
いや、自分は潰瘍性大腸炎なので、血便がでやすいんですけど。

 

そのときは、潰瘍性大腸炎は寛解期だったので、血便はあまりでていなかったんです。
でも1日徹夜して、家に帰ってきてうんちをしたら血便だったので…。
やっぱり眠ることは大事です。

 

 

不眠症でなかなか眠れない人も、やけになって
「もう1日中起きていてやる!」
なんて思わず、眠るチャンスが30分でもあるのなら、眠るようにしたほうが絶対にいいです。

 

人間の体って、なにもしなくてもあたたかいのが理想です。
だから、日本人は痩せようとする人が多いですけど、ある程度肉がついていたほうがいいんですよ。
そのほうがあたたかいですから。

 

 

もし一睡もできなかった人は、できるだけ体があたたまるような格好や食べ物を食べるべきです。
体が冷えて、眠気も来て、ドラマや映画なんかでよくありますけど雪山で
「寝たら死ぬぞー!」
な感じを体験することになるかもしれません。

 

眠れるときに眠っておかないと、昼間に
「急激な眠気が…でも今はどうやっても眠れない」
ってなるんですよねぇ。

 

 

いや、いつでも眠るチャンスがある人なら、徹夜とかぜんぜん大丈夫で、眠くなったら眠ればいいんですけど。
眠るチャンスが限られている人にとっては、一睡もしないというのは、ほんとうにやばいです。

 

不眠症の人は旅行先で眠れなくて一睡もできないかもしれません。
でも旅行ということは、乗り物に乗ることが多いと思うので、そのときに眠るチャンスがあるので大丈夫だと思いますけどね。


ホーム RSS購読