旅行先で眠れない不眠症

【不眠症】旅行先で眠れないのは神経質だから?自由がなくリラックスできない

旅行先で眠れない

自分は子供の頃から、外泊するとなかなか眠れないんです。

 

だから自分は学校の宿泊研修とか、修学旅行とかそういうのが嫌いでした。
今思うと、みんな修学旅行が大好きなのに、自分はあまり好きではなかったのは、眠れなかったからなのかもしれません。

 

まぁ自宅大好き人間でしたからね。
むしろ、そういうところが不眠症のきっかけになっているのかもしれません。

 

 

あ、というか…。
大人になって、まったく外泊していないわ。

 

ホテルとかに泊まった記憶がないです。
ホテルでも1人で泊まったのなら眠れそうですけど。
誰かと同室で眠ることになるのが悪いのかなぁ。

 

よくわからないですけど、宿泊研修や修学旅行とか、なかなか眠れませんでしたね。
大人になっておばあちゃんの家に泊まったことはちょくちょくありましたけど…。
それでもすぐには眠れませんでした。

 

 

やっぱり自宅が一番よく眠れます。
自宅でも
「明日早いから早く眠ろう」
と思っても、なかなか眠れなかったりするので…。

 

結局不眠症か!!

 

 

でもそういうところからも見えてきますけど
【眠ろうとする⇒眠れない】
おそらく外泊だと眠れないのは、ここのところが関係しているのだと思います。

 

【朝早く起きよう⇒起きれない】
【勉強しよう⇒勉強できない】
【徹夜してやる⇒寝てる】
人間の意志とは逆の反応を体を示すことは多いです。

 

 

でもそれに気づかないから
「布団や枕が違うから眠れない」
というミスリードになって、それが原因だと思う人が多いのかと。

 

いや、布団や枕が違うだけで眠れないのなら、その悩みは軽いものだと思います。
自分は枕を旅行先に持っていっても眠れないわけで。
やっぱり精神的なものだと思っています。

 

 

 

 

 

旅行先で自由ではないから眠れない

なぜ旅行先で眠れないのか?
いろいろ思い当たることが多すぎて、書いていられないんですけど。

 

親は
「私は枕が変わると眠れない」
と言っていましたけど、枕が変わって眠れなくなることって滅多にないと思います。

 

 

なぜなら親は、テレビを見ている途中にうつらうつらして眠っていることも多いからです。
枕なしでも眠くなれば眠れるわけですね。

 

 

旅行先で眠れない原因としてやっぱり一番は
【気が休まらない】
からだと思います。

 

 

旅行先では、いつも以上にパワーを使うはずなんですけど。
それでも、気が休まらないというか、他の人以上にパワーを使えない状態になってしまっているというかな。

 

人間ってやっぱりプレッシャーがないときのほうが活き活きと良い行動ができます。
でも、プレッシャーがかかっていると、動きが縮こまり、いつもと同じことができなくなります。

 

 

修学旅行なんかで、他の人たちの行動を思い返してみると、学校のとき以上に活き活きとしている人が多かったです。
そうなれば、自然と眠ることができると思うんです。

 

でも神経質で、周りに人がいると自然とプレッシャーというか、息苦しさを感じる自分にとっては
「よし眠ろう」
と思っても、生活でも疲れているけどパワーが奥底に残っていたり、気が張った状態が続いているので眠れないのだと思います。

 

 

気持ちは高ぶっていて、それを発散することを旅行先でしなかったというかな。
旅行先で眠れない人は、もっとその旅行先で全力でいろいろすべきなのかもしれません。

 

たぶん旅行先で眠れない人って
【周りの人の後をついていくだけ】
みたいな感じだと思うんです。

 

自分でいろいろ行動するというより、周りについていって楽しむタイプというかな。
やっぱりそういうタイプになると、疲れるんですけど、パワーは奥底に残っているというかな。

 

 

家にいたほうが、自分の好きなことをいろいろやれる分だけ、家のほうが眠れる気がします。
旅行先で眠れない人も、1人旅をして1人でホテルで眠るとなると眠れそうですけど。
どうなんだろ。

 

1人旅なんてしたことないし、する予定もないのでわからないですね。
でも1人旅なら、眠るときも自分で決めるわけで。
眠くないのなら、もうちょっと起きていると思います。

 

 

つまり自分の家では、眠ろうとしなくても、そのときになれば眠れるんですよ。
自然現象でいつもどおり眠るって感じですね。

 

でも外泊になると、いつもと違うわけで。
眠るのも、理由があって眠ることになると思います。

 

家では狙って眠ろうとしていなく自然に眠れるわけで。
旅行先で急に眠ろうとしても眠れなくて当然だと思います。

 

 

つまり外泊で眠るためには、眠くなるように日中に精一杯生きればいいと思います。
そうすれば、眠るときには自然と眠くなりますから。

 

旅行先で
「眠る時間になったから眠ろう」
な感じでは眠れないわけです。

 

旅行先では
【眠る時間の前から疲れて眠くて眠くてしょうがない】
って状態にしておかないといけないわけですね。

 

 

 

 

 

旅行先でよく眠るためにはどうすればいいのか?

神経質な人が旅行先でよく眠るのは不可能に近いと思います。
いや、やっぱり知らない土地に行くというのは、緊張するというかな。
不安がありますから。

 

 

旅行なんて1人でしないと思います。
周りの人と一緒に行って、いろいろついてまわるのだと思います。
そういうのだと眠れないと思うんですよ。

 

自分は夜に家のまわりをジョギングしているんですけど。
家の周りだとしった道であったり、自宅が近いのでリラックスして走れますけど。
ちょっと遠出をすると、やっぱり不安になってジョギングも楽しんでできないんです。

 

 

旅行先で自分は単に人にくっついてついていっているだけで。
ここがどこなのかとか、明日の予定とかもわからないと、やっぱり不安というかな。
先が見えないと不安になるものです。

 

だから旅行をするのなら、もっと自分からいろいろ計画を立てたりして、その旅行を把握したり、自分が引っ張っていくといいと思います。
そうすれば逆に
「人がいるから安心だ」
と思えて眠れると思います。

 

 

家だと眠れるのなら、家だと自分に自由があるからだと思います。
家だと、自分の生活がわかっているので余裕があるわけですね。
もちろん家でも、次の日が憂鬱だったり、生活に不安があったりで眠れない人もいるかもしれませんけど。

 

旅行先というのは家よりも自由がないものです。
旅行先になると集団行動が常だったりもしますから。

 

 

「旅行先が悪いからリラックスできない」
というのとはちょっと違う気がします。
自分はそうなんですけど、旅行先でいろいろ楽しめないというか、どうしても窮屈に感じるタイプなんですよ。

 

物事を失敗を重ねてやっと出来るタイプというかな。
初めてやることを楽しめないというかな。
臨機応援ではないタイプなんです。

 

そういう人は旅行先で眠れないように感じます。
なので旅行先が悪いというより、やっぱり自分自身に眠れない原因があると思います。

 

 

じゃあどうすればいいのか?
やっぱり旅行先のあれこれにもっと首を突っ込むべきかと。
むしろそう考えたら、旅行も楽しく感じますよね。

 

誰かの後をついてまわるだけの旅行というのはつまらないものだと思います。
自分がいろいろ計画して
「明日はあそこに行ってみよう」
ぐらいの計画をたてると、もっと旅行を楽しく感じ、同時にリラックスできてよく眠れるかもしれません。

 

眠れないって言っても、眠くなるのは自然現象ですから。
疲れれば眠くなるので、できるだけ疲れるようにするのがいいと思います。
そして眠くなるという自然現象を引き起こすようにするわけですね。

 

 

うまくいえませんけど、なにか1つに集中しているといい感じで疲れて眠れます。
でも先がぼやけていると、どうしても脳がリラックスできないというかな。

 

眠るというのも、人に半分強要された感じで
「じゃあ眠るか」
なんてされると、なかなか眠れないと思います。

 

 

人目を気にするのではなく、もっと自由に、自分が楽しいと思える旅行の計画をたてることで眠れるかもしれません。
うーん、そこまでの行動力を出すのはやっぱり厳しいかなぁ。

 

自分的には、知らない電車に乗るのも怖いというか、一苦労ですから。
やっぱりそういうところから慣れないといけないのだと思います。

 

 

旅行先で眠れないのは、人生経験が少ないから、旅行先でリラックスできないのかもしれませんねぇ。
もっと、いろいろな乗り物に乗ったり、知らない人に話しかけることをすればいいのかもしれません。

 

 

自分のよく使っている枕があっても、眠れないことってあるものです。
もちろん眠りやすかったり、眠りにくい枕とかはあると思いますけど。
それが眠れない根本的な理由ではないと思います。

 

 

自分はやっぱり眠るというのは
【自然現象に近いもの】
だと思うんです。

 

 

たとえば人間おなかが減りますけど。
人によっては
「まだおなかが減っていない」
という人もいると思います。

 

食事時でみんなはおなかが減ってガツガツ食べているのに、自分だけあまり食欲がない。
そんな人もいると思います。

 

 

別にそれは
「いつも使っている食器と違うから食欲がない」
「いつも使っている箸ではないから食欲がない」
とかではないと思うんです。

 

その人の精神的なものにより
「あまり食欲ないな」
な感じがあると思うんです。

 

 

食べ放題バイキングに行くと、いつも家ならたくさん食べられるのに。
食べ放題バイキングではすぐにおなかがいっぱいになってしまう人もいます。

 

 

人間不思議なもので
【眠ろう⇒眠れない】
【沢山食べよう⇒食べれない】
な感じで、自分が思ったこととは逆の反応を体が示すことって多いです。

 

 

でもそれは普通なことだと思います。
マラソンで
「疲れても、ずっとダッシュで走ってやる!」
と思っても、体が限界で無理ですよね。

 

マラソンで良い記録を出すためには、普段からマラソンの練習をして体力をつけるのが重要です。
そして世界陸上のマラソン選手が言っていましたけど
「自費でもいいから、本番前にマラソンのコースを走るべき!」
だと言っていました。

 

知っている道と知らない道では、ぜんぜん違うということを言っていました。
一度だけでも、実際に走ってみれば、なにも知らないよりずいぶん良いってことですね。

 

 

旅行先で眠れないというのも根本的に無理なことなのかもしれません。
だって
「旅行時に夜ぐっすり眠るために、旅行先を下見してきます」
なんてありえないですよね。

 

他の人が、やすやすと眠っているから
「眠るって簡単なことなんだな」
と思うかもしれませんけど。
自分は知らない土地で眠ろうとして、すぐに眠れるなんていうのはすごいことだと思いますよ。

 

 

むしろ眠れないだけでよかったと思うべきなのかもしれません。
人によっては
「旅行先では食欲がまったく出ない」
って人もいるかもしれませんから。

 

いや、そんな人実際いるのか知らんけど。
あ、ヤフー知恵袋をみたら、そういう人もやっぱいるんだわ。


ホーム RSS購読